ペットも熱中症に注意!! | いすみ動物病院 田中院長コラム

地域のみなさまに愛される動物病院をめざして

いすみ動物病院 田中院長コラム

2021.08.02

ペットも熱中症に注意!!

皆さん始めまして!
千葉県いすみ市にある、いすみ動物病院 院長の田中です。
よろしくお願いします。

今日は熱中症についてお話ししたいと思います。
今年に入って3頭も熱中症で入院しています。
今年は急激に気温が上がったのと、湿度が高いこともあって、昨年に比べても罹患犬が多いです。

10 歳以上になったら特に気を付けましょう。
気温が 26℃ぐらいでも湿度が高いと熱中症に なります。
可能であれば室内に入れてあげて出来るだけ室温を下げてあげましょう。
理想で言えば 22℃ぐらいが犬にとっては良いのですが、人には寒すぎるので24~26℃ぐらいにはし ましょう。

 
























室内が不可能な場合は、出来るだけ風通しのよい日陰を選び水に氷を入れてあげて下さい。
犬は毛が生えていて汗をほとんどかけなので、舌からの涎を気化することでしか体温を下げられません。
それなので、口腔内を冷やしてあげることは効果的に体温を下げることが出来ます。
また、昼間であれば水道の水を体にかけてあげるのも一つの方法です。

 

COMMENTコメント

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してぐるっとペットは一切の責任を負いません
TEL:0470-62-8117

CALENDARカレンダー

  • 2021年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

CATEGORY記事カテゴリ

NEW新着記事